160ワット210ボルトの電球

3 19 イェンナ 5ヶ月前

160ワット210ボルトの電球を250ワット250ボルトまで使用可能なコンセントソケットに接続して、1500ワット125ボルトまで使用可能な家庭用の電源に接続して使用すると、故障やショートの原因になりますでしょうか?

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 2021年2月25日 9:19 PM
    LInLIn

    W = I(A)の二乗×R(Ω)
    家庭用の電源は、105V程度です。
    その電球の消費電力は40W
    ※抵抗が同じで、電圧が1/2になると電流も1/2になり、ワットは1/4になります。
    使用上は、問題なしです。

  • 2021年2月24日 8:13 PM
    キッカー

    210Vの電球に125Vしか与えないなら、明るさが十分じゃないです。
    故障やショートは接続の仕方が悪くないかぎり(配線を間違えてないかぎり)はおきませんね。

  • 2021年2月20日 7:11 PM
    トッチ

    白熱電球を前提として考えます。
    まず210V用の白熱電球を家庭用の商用電源である100V(定格の48%くらいの電圧)で使うと、流れる電流は65%余りになります。
    電流は電圧に比例しません。65%余だと0.5Aほどです。つまり、100V×0.5A=50Wくらいの消費電力になります。
    よって、250ワット250ボルトのコンセント・ソケットを使い、1500ワット125ボルトまで使用可能な家庭用の電源(100V)には、問題なく使えます。
    ただし、白熱電球の明るさは、かなり落ちます。
    蛍光灯やLED電球では、これには当てはまりませんよ。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する


ファイルのアップロード

Maximum file size allowed is 512 KB.



他のファイルをアップロードする

PAGE TOP