電球にカバーなどが無い屋外用照明は大丈夫なのでしょうか?

5 16 モリス 5ヶ月、 1週前

屋根がないところに壁灯(ブラケットライト、ウォールライト)を付けようと探し、気に入ったデザインが見つかりました。
アメリカの会社のものです。
しかし説明を見ると、電球を覆うカバーのようなものがなく、傘(シェード)に直接電球を装着するようなのです。
ソケットリングをつけて完了です。
屋外用として販売されていますし、防雨仕様とはなっています。
本当に大丈夫なのでしょうか?
暴風雨のときにショートしたり、飛んできたものがぶつかって電球が割れたりしないか心配です。

コメント一覧

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 2021年2月16日 11:23 PM
    rina

    屋外用であればソケットにパッキンがあったと思います。
    パッキンは外観からは見えにくいようになっています。

    電球もそれに合うような屋外用だった気がします。

    なにかに当たれば、運が悪ければ割れると思いますが、それなりに硬いので首が曲がるだけだと思いますよ。

  • 2021年2月16日 11:22 PM
    YoyO

    漏電したり、破損したりすると思います。
    漏電したら、漏電ブレーカーが破損してショートしたら回路遮断器が保護してくれると思います。

  • 2021年2月14日 5:53 PM
    ネイチャーアニマルさん

    ISマークがあれば問題ないと思います。
    海外では考え方が違います。
    カバーが割れたら交換すればいいという考えです。

  • 2021年2月14日 5:52 PM
    はりか

    アメリカ製ならば構造次第です。
    使う使わないは自己責任となります。

  • 2021年2月10日 10:30 PM
    コンシェルジュ

    電球がむき出しの器具なんですね。
    今は見なくなりましたが、昔は普通に使われていました。
    現在の器具と比べれば安全性は低いものですが、それでも使用に耐える品です。
    破損や漏電などの安全性については特に海外製なので保証はできません。器具はご自身で輸入されるのですか?その場合は自己責任になりますので注意が必要です。
    似たものに昔の作業灯があり、ソケットに電球がついているだけの粗末な物でした。
    後に金属や樹脂のガードが付きますが、こんなものでも風雨に耐えるので、使われていました。
    お祭りの提灯等も同じ感じです。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

コメントを投稿する


ファイルのアップロード

Maximum file size allowed is 512 KB.



他のファイルをアップロードする

PAGE TOP