白熱電球と電球型蛍光灯の違い

4 9 章弘 3ヶ月、 3週前

白熱電球から電球型蛍光灯に変更したのですが白熱電球の方が明るく、スイッチのONで一瞬にして点灯します。しかし電球型蛍光灯にすると
遅延が起きますし暗いです。仕組みが違うからですか?また白熱電球は相当昔に製造をするなと政府が政策として掲げており、電球型蛍光灯もそうですがLEDに変更というのが
目標であり、白熱電球の使用はもう辞めようという事だったのではないのですか?
我慢して電球型蛍光灯を使用してはいますが違和感はあります。
LED電球の使用についてはLED照明装置や器具でしかNGなのかメーカーに質問していますが
火災が起きるなどと注意をしてこられた方もサイトで居ましたので様子見ですが
電球型蛍光灯が切れたら考えます。

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 2021年2月25日 9:50 PM
    superMania

    明るさのタイムラグに関しては、白熱球と蛍光灯、それぞれの構造の違いから来るものです。

    特にボール型やスパイラル型の蛍光灯はその傾向が顕著で、内部が暖まるまでは100%の明るさを得られませんので、廊下、玄関、トイレなど瞬時に明るさが欲しい場所には向いていません。

    白熱球の製造に関しては、数年前にパナ、三菱、東芝など大手メーカーは撤退しました。
    その時点からしばらくはまだ細々と製造を続けていた中小メーカーもありましたが、おそらく現時点では製造はしていないはずですね。
    流通在庫がなくなり次第入手できなくなると思います。

    蛍光灯についても似たような事で、大手メーカーは蛍光灯の製造をすでに終了していますが、最大手のパナソニックのみ製造を継続しています。
    が、パナソニックにしても近い将来、製造を終了する流れに違いはありません。

  • 2021年2月25日 9:49 PM
    てつや

    LEDにすることをおすすめします。

  • 2021年2月24日 2:24 PM
    母ちゃん

    電球型蛍光灯の遅延は仕様だと思います。
    気温(室温)が低いと顕著になります。
    地域によって変わりますが、夏場になればほとんど気にならなくなります。
    暗さは、対応するW数が異なるためです。
    xxW相当(型)が、白熱電球と同じなら、電球型蛍光灯の方が明るいです。

  • 2021年2月22日 8:27 PM
    ミッキーさん

    屋内用かつ調光機能などの調整機能が無い条件で、
    LED電球が使えない器具はありません。

    強いて言えば、密閉型など放熱性が悪いと寿命が縮む事はあります。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する


ファイルのアップロード

Maximum file size allowed is 512 KB.



他のファイルをアップロードする

PAGE TOP