照明の回路がおかしい

3 110 YUUSAKU 8ヶ月前

リビングの照明の二つのスイッチがおかしいです。
片方のスイッチを押すと明かりは点かず、もう片方のスイッチを押すと明かりが点きます。
明かりが点かなかった方のスイッチが操作可能になり、両方明かりがつくようになりました。
片方のスイッチが主回路?になっているようです。主回路の方のスイッチを押さないと片方のスイッチは操作不能です。
2つのスイッチを押していて、主回路側のスイッチを切ると2つの照明が両方消えてしまいます。

最初からこのような症状が出ています。
工事業者の誤配線でしょうか?
これは、単に回路を直せば良い問題でしょうか?
照明スイッチ周りをいじる行為は自己責任の上と了承しています。

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 2020年11月28日 6:55 PM
    KIKIアナゴ

    普通に使いたいのであれば、1つのスイッチに赤、白を差し込めば大丈夫だと思います。当然、スイッチの位置は真ん中にずらし、プレートも1個用に変えます。
    黒が+側とすれば、上のスイッチがメイン、それを通ってから下で入り切りしてます。下の黒に空いてる方には何も挿さってないように思うので。

  • 2020年11月27日 10:56 AM
    aoiAOI

    電気屋です。
    SW結線時の誤結線か、配線器具に対する差し込み間違いかは解りません。ただ仰る内容だと赤線が親線(電源側)の様ですね。赤と黒を差し替える事で通常に治ります。住宅の場合、仕上げの配線器具取り付け時と配線作業時の職人が違う場合がありますよ。間違いの原因はそこかもしれません。本来はあまりやらないシリース回路を組むならそれなりの部屋構成が必要ですから。
    注意ですが、照明スイッチをいじる行為は故障の原因にもなるのでやめた方がいいと思います。

  • 2020年11月26日 9:28 PM
    RENたん

    結果的に3路スイッチ結線ミスの可能性は高いです。
    3路スイッチの接続誤りなら共通線の接続を変更すれば可能です。

    しかし電気工事者が最終の点灯テストしていない屋内配線工事ですからジョイント部分の結線ミスも考えられます。
    そうなるとかなり手間がかかります。

    3路の配線方法は2種類有りますし、まして4路スイッチも知らない工事者なら他の配線工事も心配します。

    基本回路として、3路配線は、電源回路2線・3路スイッチに3線2本(VVF)・電灯2線を結線(ジョイント)した場合、ジョイント接続が5ケ所の場合と4ケ所の結線方法があります。

    今回の場合、屋内配線した人とプレート仕舞いした人と違うかも可能性があります。
    先ほどの接続方法は電気工事者で違いが出てきます。

    片切スイッチと同様、電源側は黒色・白側を電灯の黒に接続・電灯の白は電源線の白に接続になります。
    赤は3路スイッチの共通回路の接続になりジョイント部分は4カ所です。
    5カ所接続なら2カ所の3路スイッチで共通線の色は変わってきます。

    ジョイント部分が確認できない限り答えようがありません。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する


ファイルのアップロード

Maximum file size allowed is 512 KB.



他のファイルをアップロードする

PAGE TOP