返信先: 部屋の照明を、蛍光灯からLEDに変えたいと計画中です。

  • イラストんとん

    LED蛍光ランプは既存の蛍光灯照明器具を取り換えずにグロー球を取り外して、スタータ形蛍光灯専用のLED蛍光ランプに取り替える事は出来るのがメリットです。
    デメリットは蛍光灯安定器に無駄な電力が出るだけなので消費電力は蛍光灯の半分ほどの省エネにはならないです。
    (インバーター式蛍光灯照明器具でもグロースタート式蛍光灯照明器具でも消費電力を抑えるには蛍光灯安定器直結工事をお勧めします。)

    又、蛍光灯照明器具を改造には電気屋さん工事してもらうことになるので経費がかかります。

    10年以上の蛍光灯照明器具は劣化している可能性もあるので、LED蛍光ランプを取り付けない方が無難かと思います。

    蛍光灯安定器が劣化していれば、最悪な場合は発熱して、火災の恐れがあります。

    10年以上の蛍光灯照明器具の本体を取り換えずにLED蛍光ランプに交換するより、LED照明器具に交換するのをお勧めします。