返信先: ペンダントライトをつける部屋は?

  • みうらKANA

    ペンダントライトは、特にシェード(傘)付きのものは、光を集中的に下向きにして一部を照らすのに向いています。おっしゃるように、ダイニングテーブル上の食物を照らすには最適だと思います。コードを長めにしておけば、フックの位置を変えてつるす位置を変えたらいいだけです。(あまり重いライトは、フックの土台に注意)
    シェードがあると上(天井)に光が行きづらく、天井隅などは暗がりが溜まる感じになりますので、ゆっくり食事やバーコーナーなど、ちょっとそういう雰囲気作りしたいスペースにはおすすめです。広い部屋なら、一部のコーナー作りにもいいと思います.個人的には、シェード無しのクリアガラスのペンダントか、ステンドガラスのシェードの小さいペンダントを玄関用にしたら、帰宅時に暖かい感じで素敵だな…と思います。暗い中にポッと灯る感じです。

    日本の一般的家屋ですと、天井が低いせいでぺンダントのコードがあまり長く下ろせません(だからテーブルの上だけになりがちかも…)。が、玄関は段差分、天井が高くなって、コード分も邪魔にならないように出来ますし、フットライト併用すれば、靴の脱ぎ履きの足元も暗くはなりません。