返信先: 庭の蛍光水銀灯がつかないので新しいものと交換したがつきません。

  • ARATA

    蛍光水銀灯というのは、HIDランプと呼ばれる照明ランプの一種で、一般家庭では庭園灯などごく一部の用途に限られ、大半が道路、街路灯、施設など業務用です。
    修理にいくらくらいかかるかですが、ランプと、安定器と呼ばれる電気部品が不良になっている場合、かなりの額になると思います。
    そして水銀灯は、生産することが禁止されています。
    もし仮に修理で直ったとしても、今後は交換ランプなどが入手困難になる可能性も考えられますよ。
    この際、器具全体をLEDに取り換えられることを検討されたほうが良いと思います。