返信先: 内玄関の照明についてこれでは暗いでしょうか?

  • おっち

    我が家は築9年になりますが、新築時にプレミアパルック球(蛍光灯ボール)の固定型照明器具にしました。
    6wの昼白色LED球を利用しています)

    ダウンライトは間接照明的な雰囲気がオシャレですが、特に電球色にすると明らかに暗いです。
    玄関先での来客対応を優先するなら、僕はお奨めはしません。
    ダウンライトは天井に光が回り込まないので、全体的に暗い印象になってしまいます。
    それをオシャレと取るか暗いと取るか。
    僕なら玄関にはオシャレよりは爽やかさを求めます。

    固定型の照明器具(シーリングの電球タイプも同じ)で非調光タイプの照明器具ならば、
    利用するLED電球の選択肢は、電球型で口金サイズさえ合えばほぼ制限はありません。
    明るさ・調色を、電球を取り換えることで調整できます。
    ダウンライトだと、固定式光源か、もしくはダウンライト用のLED電球を使うことになります。

    前者は明るさの調整はできないし(調光ができるものもある)、後者は利用する電球の選択肢がとても少ないです。

    先にも書いたように固定型(シーリング含む)の電球タイプなら
    、電球の使いまわしが出来るので、明るさ・色の違う電球を何種類か用意しておけば
    、明かりの模様替えが簡単に出来るという利点もあります。

    なので、今現在、プランの変更ができるのであれば、水場・トイレ・廊下・階段等は同じ電球タイプの照明器具で揃えると便利です。その際は、電球の口金サイズを統一することに注意してお選びください。ちなみに我が家では、廊下・玄関・水場は固定式照明(E26口金)に統一、トイレ・階段は固定式ブラケット(E17口金)に統一しています。